nlpを学びたいならdvdでも可|人気の資格

言語に関する心理学とは

男女

3つの資格の特徴

「神経言語プログラミング」と呼ばれるアメリカ発祥のnlpという心理学を学ぶ人が増えており、学習者の多くはnlpの3つの資格取得を目指しています。そこで、3つの資格にはどのような特徴があるのか、また、どのように学習することでその資格を取れるのかを詳しく知っておきましょう。nlpの初歩的な資格として「プラクティショナー」と呼ばれるものがあり、たとえ会社などでnlpを学んだ経験があってもまずはこの資格を取る必要があります。基本的な取得方法は講座を受講することですが、この心理学はdvd教材も充実しており、事前にdvdで学習しておくことでより講座の内容を理解者しやすくなります。教材と講座を組み合わせるのがプラクティショナーの資格取得をスムーズにする秘訣と言えます。プラクティショナーの次に用意されている資格が「マスタープラクティショナー」と呼ばれるもので、この資格取得を目標とした講座を受けることで取得できます。このライセンスを取るとプロとしてnlpの技術を使うことができ、クライアントに対して実際のカウンセリングを行えるようになります。マスタープラクティショナーはnlpの基礎知識を常に応用できることが大切なので、今まで使っていたdvd教材で適宜復習しておくことが役立ちます。nlpの最も高度な資格が「トレーナー」と呼ばれるもので、講座を受講するだけでなくアメリカでトレーニングと審査を受ける必要があります。この資格を取るとnlpに関するセミナーを開くことができ、講師としてdvd教材の制作などに携われる機会も得ることができます。